Blog

目の疲れには、マートルのハイドロソル!

みなさま、こんにちは!
可能性を開花する!アロマ脳快眠の篠原です。

今日は、うっすらと日差しがさしています
少しずつ、晴れてくるのかしら?

先日、カート・シュナウベルト博士のセミナーに行ってきました。
進化生物学からのアロマテラピーへのアプローチ、ものすごくおもしろかったし、腑に落ちる部分がたくさんありました。
…というのも、化学だけでは証明しきれないものが色々あるからなんです。

アロマテラピーで使うエッセンシャルオイルの中には、約100種類近い成分が入っています。

例えば、ラベンダーには、火傷の傷を治すなどの皮膚再生作用がありますが(私は、蚊に刺された時の対策に一番使っているのですが)
1つ1つの成分を見ても、「火傷を治す」ような成分は入っていないんだとか。
でも、実際には治るし、治ることを知っているので、アロマテラピストたちは、火傷をした時などによく使います。

アロマテラピーは、化学だ!

…と言いきってしまう研究家もいるのですが、そうするとこの部分が釈然としません。
化学だと言っておきながら、証明できないじゃんと歯がゆく思っていたのが、この進化生物学の視点で見ると納得出来る…。
植物が地球上に存在し始めた、何十億年前という気が遠くなるほどの太古から辿っていくという面白さ。
まだまだ、私の知っているアロマテラピーは、ほんの入り口なんだな~と痛感しました。

さて、本題。
カート・シュナウベルト博士が雑談の中で教えて下さったのが、目の疲れには、マートルのハイドロソル!
スマホ時代になって、ますます目を使うようになりました。
しかも、小さいし便利だから、ベッドの中まで持っていく方も多いとか。
これでは、ますます目がつかれるわけです。
冬場に入り、乾燥してきますので、目の奥が熱いとか痛いとか感じている方は多いはず。

今までは、そんな方にはラベンダーのハイドロソルをオススメしていたのですが、(私も使っています)
マートルのほうが、更にいいとのこと!
myrtle
こんなにかわいらしいお花をつけるんですね。

マートルには、鎮静作用、抗アレルギー作用、抗炎症作用などがあります。
くすみやシワにもいいんだとか

博士いわく、コットンに浸しでそれを目にあててもいいし(5~10分程度)、スプレー容器に詰め替えて目を閉じて、シュシュっと塗布してもいいとのこと。
これは、試さずにはいらせませんね。

私も今回早速購入してみようと思います。
200ml 1,446円
私の感想聞くまでもなく、欲しい!…と言う方は、本日中(11月06日)にご連絡下さい。

関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です