Blog

止血には、ラベンダーとヘリクリサム

みなさま、おはようございます。
可能性を開花する!アロマ脳快眠の篠原です。
微妙に、起きた時の湿度が低い気がするここ2~3日。
少ししのぎやすいのは、本当に助かりますね。
でも、今日も猛暑日になりそうなので、皆さまお気をつけ下さいね。

さて、先日の日曜日の夕方、主人が包丁で左手の親指をすっぱりと切ってしまいました
手をキレイに洗って、輪ゴムで止めて止血していたので、ラベンダーとヘリクリサムを原液で2滴程度ずつ塗布。

あっという間に血が止まりました。
やっぱり、この2つのエッセンシャルオイルの力ってすごいんだな~と実感したものの、けっこうぱっくりと切れているので、病院に行くことに。
こう言う時に、いくらアロマテラピーのプロでも、それを過信してはいけないと思っています。

病院の担当者の指示に従って、もう一度流水で洗って、ハンカチ巻いて家を出たら、再び血が出てき始めました。
(「どんな対応しましたか?」と聞かれたけれど、「ラベンダーとヘリクリサムを塗りました」とは、さすがに言えなかった。言ったところで、先方は意味不明ですからね!)

お水で洗い流してしまったので、ラベンダー&ヘリクリサムの効果が無くなってしまったのでしょうかね。
タクシーを待つ間、止血作用があるんだねぇと悠長な会話。

もうちょっと浅い絆創膏を貼ればいいくらいの傷なら、ラベンダーとヘリクリサムの止血効果と、皮膚細胞再生作用で何とかなりそうです。

病院から帰って来た主人に聞いたら、やっぱり何針か縫ったそう。
(何針縫ったの?…と聞いたら、わからないと返答が… 子供みたいに怖くて目を反らしてたんだろうか?)

毎日消毒に行く主人を見て、ラベンダーを塗りたくなってウズウズしている私がいます。
ガマン、ガマン
lave-02

イモーテル

関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です