Blog

遠すぎっ!レユニオン島

みなさま、こんにちは。
可能性を開花する!アロマ脳快眠の篠原由香です。

9月30日~10月8日まで、レユニオン島&モーリシャスに行ってきました。

レユニオン島、アロマテラピーをなさっている方には、ある意味憧れの島。ブルボンゼラニウムの産地としてあまりにも有名です。
どこにあるんだろう?どういう島なんだろう???興味津々の方多いと思います。

そんなマニアックな方は、ほとんどいない・・・のが現実。

今度はどこに行くの?と聞かれて「レユニオン島」と答えても、どこそれ?の前に聞き取れない(笑)それだけ、みなさんには知られていない島です。地図を見てもとても小さい島で、探すの大変

2年前に行った、マダガスカルの時には、どこにあるのかな~?(若干ガラパゴス諸島と間違える方いらしたけど)とは思っても、聞き取れないない方はいらっしゃらなかった・・・今回は、まさに聞き取りから

reunion-map

こんなところです。
私のFBの書き込み見て、調べて下さった方も多数。
ありがとうございます
このマニアックなアロマの聖地を巡る旅、参加の方の大半は、「あのマダガスカルの激震ツアーを乗り越えたつわもの達
ここで再会なのです。

あのマダガスカルを体験してしまったものだから、いくらフランスの海外県とは言え、どこまでその情報が信用できるのか?
だって、隣の島よ、隣!フランスは遥か彼方~

ほのかな期待を表すのは、「紙おむつ」を持っていかなかったこと。
ツアーご一緒する皆様には
「フランスっだからお水は大丈夫なんじゃない?」
と、言われたけれど、
「行って使わなかったら捨てればいいじゃん」の主人の言葉を採用で、今回も5リットル搭載。

行きの時点で、スーツケースは、25キロ越え重いのなんのって・・・・エミレーツ航空は、30キロまでOKなので助かりましたが、他の航空会社なら超過料金取られる域です。

そして、、、遠いっ
帰りに基本のツアーコースから外れて、モーリシャスでのんびりリラックスタイムを過ごすことに決めたので、コースがみなさんと違う。
羽田→ドバイ(トランジット5時間)→モーリシャス(トランジット5時間)→レユニオン島

ドバイのトランジットは、楽しめるので色々やることあるけれど、(ってやったことがこれ。免税店の抽選で当たる、高級車の写真撮り。若干くだらなさが漂いますが20161008-041933-2351457-2

20161008-043029-2564394-2

20161001-113310-2469315-2

ドバイ、やっぱりすげーな!!と思ってしまいましたが、
モーリシャスには何もない・・・レストランとかもないので、ひたすらソファで5時間待つ・・・・

そして、僅か45分プロペラ機に揺られてレユニオン島へ
この近さでの足止め感は、けっこう厳しいものがありました。

いよいよ、レユニオン島着陸!
空港にエスカレーターがあるっ!マダガスカルとは全然違うのかもしれないと期待感高まる
なんと、荷物のターンテーブルのところで、本ツアー組と合流。

みんなでバスに揺られて宿泊先のホテルへ!
20161002-051926-1666395
リゾート感満載のステキなホテル。
到着は、0:30分
実に、東京の我が家を出てから到着まで33時間
ヘトヘトです。
wifi環境もマダガスカルとは断然違うなんか大丈夫かも!という期待感が高まります。
荷物ほどいて、寝るころには日本は日曜日の朝6時すぎ。
私、金曜日の夜中に出国したよな・・・・日曜日なんだ・・・
私が所属する新宿区倫理法人会の連絡用メールが飛び交い始める
・・・
ごめん、私寝る!

つづく・・・(全然本題にはいってないし・・・)

*******
可能性を開花する!アロマ脳快眠
あなたは、満足する睡眠を得られていますか?
睡眠でお困りのことがある方は、アロマテラピーを用いた快眠法を取り入れてみませんか?
睡眠は、「長さ」は変えられない環境でも、「質」を変えることは可能です。
睡眠の質を上げること=昼間の集中力、決断力、明晰性を上げる、うつの発症を防ぐなどがあげられます。もちろん健康維持にも重要なポイント!
夜寝ている時に、アロマを香らせておくだけのお手軽な方法で、 睡眠時間が短くても、深~く、ぐっすり眠れる質の高い睡眠をご提案します。

個人コンサルテーション 1時間 13,000円(税別)
10mlのブレンドオイル付

お問い合わせは、info@aroma-kaimin.com
*******

 

関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です