Blog

クリストマリンって何だろう?@コルシカ島

みなさま、おはようございます。
可能性を開花する!アロマ脳快眠の篠原です。
今日も元気にお目覚めですか?
今日はピリッとした涼しい?(肌寒いまではちょっといかないかな?)朝でしたね。
私は、こういう朝が大好きです。

コルシカ島の報告、vol.1を報告したのみで止まってしまっていました。
今回は、コルシカ島でみつけたクリストマリンのお話し。

コルシカ島に行って驚いたのは、まるで雑草のように(いや、アロマテラピーやハーブに携わっていない人にとっては、雑草だろうなぁ・・・)あちこち道端にハーブが咲いていること。
しかも、岩などの間から伸びてる!この生命力にびっくり!!

行った時期がちょうどイニュラ、フェンネルなどが満開の時期なので、黄色いお花があちこちに咲いていて、風がそよぐと香りが風に乗って伝わってきます。なんという癒しの島!

そのほかにも、時期は過ぎてしまいましたが、ラベンダーストエカス、イモーテル、タイム、ローズマリー、ミントなどなど。
車を降りるとほのかに香ってくる。無機質な東京で生活していると、この香りがしてくる環境は何とも羨ましい限り。

どんなところに生えているかというと・・・
クリストマリンはこんな感じ。
クリストマリンの下に見えているのはローズマリーかな。

これ、城壁のような石積みの壁の隙間から生えてるんです。
下は、海岸ね!

アジャクシオの町を出て、蒸留所に行くまでは、この植物がエッセンシャルオイルになっているなんて全然知りませんでした。

トランジット含めて、17時間フライトして、朝10時にコルシカ島到着。
午前中にちょっとアジャクシオの町を歩いて、午後から早速の視察。
けっこうヘロヘロでした。

この一軒目の蒸留所に行ったら、まさにこのクリストマリンを蒸留しているところでした。

クリストマリンは、お花が咲いた後の全草から蒸留します。
※咲き終わった後という植物は初めて聞きました。

1200キロの植物を12時間蒸留すると3キロのエッセンシャルオイルが採れるとのこと。
蒸留時間長いですね~。

効能としては、強力な抗菌作用。
そして、目を見張るのが脂肪を流す作用、アンチセルライト!!
し、知らん!!!
なぜ日本に入ってこないのか!?

抗菌作用があるので、風邪のはやるこれからの時期にもいいですが、やっぱり脂肪を流す作用、アンチセルライトに惹かれます!
このエッセンシャルオイルもちろん即購入。
まずは、自分で人体実験ですね!

最後に、ここの蒸留所の方と記念撮影!
やっぱり旅の疲れ感満載の写真だなぁ。

つづく。

◆ライン@始めました。
宜しければ、登録よろしくお願い致します。
line://ti/p/@ngy6744n

*******
可能性を開花する!アロマ脳快眠
あなたは、満足する睡眠を得られていますか?
睡眠でお困りのことがある方は、アロマテラピーを用いた快眠法を取り入れてみませんか?
睡眠は、「長さ」は変えられない環境でも、「質」を変えることは可能です。
睡眠の質を上げること=昼間の集中力、決断力、明晰性を上げる、うつの発症を防ぐなどがあげられます。もちろん健康維持にも重要なポイント!
夜寝ている時に、アロマを香らせておくだけのお手軽な方法で、 睡眠時間が短くても、深~く、ぐっすり眠れる質の高い睡眠をご提案します。

個人コンサルテーション 1時間 15,000円(税別)
10mlのブレンドオイル付

お問い合わせは、info@aroma-kaimin.com
*******

関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です