Blog

これは、ジャスミン摘み!

新しいHPのトップ画像で入れ替わる、私の農作業姿。
何してるの~?という質問をちらほら頂いているので、ご回答。
DSC01536

これ、エジプトで念願のジャスミンを摘んでいるところです。
エジプトにアロマテラピーの研修旅行に行ったのですが、その時にオーガニック農園でジャスミン摘みをさせて頂きました。真昼間に作業しているように見えますが、朝6時30分頃です。
エジプトなので、さすがに真昼間は、暑過ぎてお花なんてのどかに摘んではいられません。
エジプトでなくても、日光を浴びると香りが飛んでしまうので、アロマテラピーで使うお花からのエッセンシャルオイルは、夜中から朝にかけて摘み取るものが多いのです。

エジプトに、エッセンシャルオイルを作る農園なんてあるの?というご質問をよく頂きますが、エジプトのみならず、アフリカにはこのようなオーガニック農園は、たくさんあるんですよ。

でも、ここに行くまでが珍道中。
エジプトは、治安があまりよくないので、カイロから市街に出るには、拳銃装備の警察官がバスに同行。
1人だけ同行だったのですが、不安になったらしく、パトカー要請。
パトカーには、4人の警官が乗り込んでいるという厳重警戒態勢。
そんなに恐ろしいところを通るのか???と、かなり尻込みしながら着いた農園です。
農園は、実にのどかだったんですけどね。リピーターとして再訪問するには、ちょっと勇気がいります。
もう少し、治安が良い、ドキドキ感が無いところに行きたい…(本音)

話は戻って、このジャスミン摘み、8:30には、無事に作業終了。
1kgお花を摘んで、1ドル。(何故か、米ドルで換算)
1時間半以上、物も言わずもくもくと作業するも、1人100g程度しか摘めない日本人
10人でやっと1kg。2時間近くの重労働が、わずか10円弱か。。。凹みます。
現地の方は、しっかり3kgくらい摘むんですって。
すごいなぁ。

私の後ろを見ても、わかると思うのですが、相当広大な土地です。
この日、ほとんど全部摘んだのですが、次回の収穫は1週間後なのかなぁ?と思って、オーナーの方に伺ったら、翌日なんですって。そう言えば、つぼみいっぱいありました。これが毎日咲くそうです。
摘み取り作業は、半年間毎日行われるんだとか。
ここには、嫁には来れないな…。

ジャスミンの他にも、ビターオレンジの木などがこのように植えられていました。
DSC01557

プロヴァンスやエジプトでオーガニック農園を見学したことで、生産者の思いを聞くことの大切さを学びました。
日本にいると、そこまではどうしてもわからない。

メディカル的に使用するエッセンシャルオイルは、もちろん成分から来る薬理作用もありますが、「ココロ」に作用するのには、成分だけではなく、その植物が歴史的にどんな背景で使われてきたか?または、農園のオーナーや生産者の思いなどが大切だと思っています。

また、どこか行きたいなぁと思っていたら、来年マダガスカルを予定しているとおっしゃる方に、昨日出会いました。
来年は、私もマダガスカルか???
楽しみになってきました。

…って、マダガスカルってどこ?

関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です