Blog

寒い夜には、ヨモギ風呂

みなさま、おはようございます。
可能性を開花する!アロマ脳快眠の篠原由香です。
今日もすっきりお目覚めですか?

昨日は、小雪がちらつくとっても寒い1日でしたね。
お部屋と外の温度差にカラダが縮こまってしまいます。

こんな日は、ヨモギ風呂!

先日、友人からヨモギを頂きました。
ヨモギは、とってもカラダを温めるので、この季節にヨモギ風呂をすすめてくださいました。
ヨモギがあふれださないように、丁寧に2重にお茶パックに入れて下さってる。
ホント、心優しい友人です。

ヨモギの効能ってすごいんです。
その効果は、ハーブの女王と言われるほどで、
飲んで良し、つけて良し、浸かって良し、嗅いで良し、燃やして良し
こんな5拍子揃った薬草で、「病を止める」と言われている万能薬なんです。

韓国では、ヨモギ蒸しが大人気!
…と聞いて、やってみたことがあるのですが、本当に効果絶大だったのですが、ちょっと拷問に近い(泣)

イラストだとかわいらしいんですが、この下にあるヨモギを燃やしてそれでカラダを温めるんです。布をかぶせてあるから、熱いのなんのって・・・・
これを20~30分やるんですが、あまりに熱くてお尻を浮かせていると、どこからともなくおばちゃんが来て、頭をストンと落とされる・・・・
あぢーーーーーと絶叫したのを思い出します。

ということで、今回は、浸かって良しと嗅いで良しが同時に出来る、
ヨモギ風呂

ハーブバスって、少し工夫がいるんです。
普通の入浴剤のように、お風呂にそのまま入れちゃダメなんです。
何故か?ちょっと考えてみれば納得なんですが、
40度前後のぬるま湯では、ハーブの有効な成分が出ないんです。
お茶、紅茶などを飲む時に、40度のぬるま湯に茶葉を付ける方はいらっしゃらないですよね?
それと同様で、お茶の成分をきちんと出すには、1リットル程度の熱湯の中に5分くらいつけるか、麦茶のように煮出す方法がおすすめ。
ちょっとひと手間かかりますが、これで効果が出るんです。

ヨモギ風呂にした場合の効果は
◆冷えの改善
◆婦人科系のトラブルの改善
◆快眠
◆皮膚トラブルの改善

こんな感じで、女性にはありがたい作用ばかり。
快眠をおすすめしている私としては、カラダが温まってぐっすり眠れるので、その観点からもおすすめです。

そして、昨日の冷え切ったカラダにご褒美!ということでやってみました。
本当にポッカポカ。お風呂から出てしばらくしてもカラダがポカポカして気持ちいいんです。

病みつきになりそうな、ヨモギ風呂。
今年は、寒い日があるので、ヨモギ買ってみようかな~。

*******
可能性を開花する!アロマ脳快眠
あなたは、満足する睡眠を得られていますか?
睡眠でお困りのことがある方は、アロマテラピーを用いた快眠法を取り入れてみませんか?
睡眠は、「長さ」は変えられない環境でも、「質」を変えることは可能です。
睡眠の質を上げること=昼間の集中力、決断力、明晰性を上げる、うつの発症を防ぐなどがあげられます。もちろん健康維持にも重要なポイント!
夜寝ている時に、アロマを香らせておくだけのお手軽な方法で、 睡眠時間が短くても、深~く、ぐっすり眠れる質の高い睡眠をご提案します。

個人コンサルテーション 1時間 13,000円(税別)
10mlのブレンドオイル付

お問い合わせは、info@aroma-kaimin.com
*******

 

関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です