Blog

夏休みは、箱根で美術館巡り…そして…

みなさま、おはようございます。
可能性を開花する!アロマ脳快眠の篠原です。

みなさま、今年の夏休みはいかがお過ごしでしたか?
Facebookを拝見していると、海外組、故郷に帰られた組、国内旅行組、家族サービス組と様々。
みなさまの「お仕事モード」と違う側面が拝見出来て、とっても楽しかったです。
行ったことないところも、行った気分になれるしね

私と言えば、主人と今年は箱根へ。
暑さが平気なのか、主人に選択権を与えると、博多だの、京都だのと、どーしてこのクソ暑い時期に、更に暑いとこに行くかなというところばかり。
ブツブツ言いながら同行していたので、今年は「涼しいところ」&マダガスカルの疲れを取る!(もうとっくに取れているけれど、のんびり旅がしたかった)
ということで、主人の意向は完全無視。勝手に「涼しそうな」箱根を選択

のーんびり旅行を決め込んでの出発。
今回は、4か所美術館をめぐりました。
hakone-1
1日目に訪れた、昨年開館した「岡田美術館」
ひたすら度肝を抜かれました。
何か、特撮ものの基地にいるみたい。
入口では、セキュリティチェックもあり。
各フロアの入口は、重厚な黒い自動ドア。

広さにも特撮チックなのにもびっくりなんですが、個人でこんなに美術品って持てるんだってことが一番のびっくりポイント。
日本の実業家もすごいぞ!
今回の展示物の中には、若冲も数点あって、私としては、大満足。

常設ものもあるみたいですが、時々入れ替えるみたいなので、箱根に行くたびにチェックしなくちゃ!…という感じの美術館です。
とはいえ、入館料がちょっと高いけど(汗)

翌日は、小雨の中、湯本から仙石原へ
くねくねした山道を登っていく景色は、微妙にマダガスカルにも似てないか???
…と、マダガスカルへ思いをはせる。
主人には、全然違うだろ!とどつかれるものの、何だか似てるんだよな。

今日の目的は、美術館3つ巡り。
まず1つ目は、ラリック。
hakone-2

美術館は、写真撮っちゃいけないのが残念なところ。
ラリックの香水瓶は、フォルムが美しいので、大好き。
1個でも欲しいけれど………。

パリ万博での展示物など、素晴らしいものがたくさんありました。

続いては、「星の王子様 美術館」
こちらは、うって変わって南仏調!?
(微妙に違う気がするけれど…)
hakone-3
作者、サン・テグジュペリの飛行機の事務所などが再現されていて、それもまたおもしろい。

お土産は、やっぱりこれでしょ。
hakone-5
バオバブの木のマウスパッド。

現地では、1本しか見れなかったけどね。
IMG_2496
なんか様子が違う。
青々と茂ったバオバブが見たかった…。
と、またマダガスカルを思い出す。

そして、最後はPOLA美術館
hakone-4
ここは入口なんですが、森林浴も出来て、ホントに気持ちいい。
リラックスの旅に来た甲斐があります。

どこの美術館も空いていて、思う存分見れたのが嬉しい。
東京では、こうはいかないですものね。

何だか今回は、駆け足っぽく美術館巡りをしてしまった感があるので、次回はのーんびり森林浴しながら空間も味わいながら鑑賞したいな…と思いました。

なので、次回箱根の旅の際は、湯本ではなく仙石原または、芦ノ湖泊に決定。
しばらく夏は、箱根で過ごしたいな…と思うくらい、気に入りました。

…で、ホテルに戻って久しぶりのアロマトリートメント。
うーん、香りがしないじゃん何でこのブレンド
みたいなことはあるのですが、施術はとっても上手でした。

セラピストの方がとても親切で、ホットストーンマッサージもサービスで取り入れて下さった。
とっても気持ちいいし、コリも疲れも飛んで絶好調

だったのですが、翌日から好転反応が出たのか、体調不良に…。
夏休み後半は、毎日10時間寝ても、まだ寝られる…というくらいのだるさと、咳にやられました。

それも、「動くな」というメッセージだったのでしょう。
たっぷり休養が取れて、後半も絶好調で飛ばしていきたいと思います。

関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です