Blog

快眠のお話 vol.11

みなさま、こんにちは。
可能性を開花する!アロマ脳快眠の篠原です。

マダガスカルやら、なんやら書いてますが、肝心の「快眠」はどうした~!?と言う感じなので、久しぶりに書いてみます。

快眠って何のためにやるか?

…と言えば、日々の暮らしを豊かにし、毎日を健康に元気にはつらつと過ごすためですよね。
すごく当り前で、シンプル過ぎる気もしますが、これに限るんです。

スポーツ選手、役者さんたち、音楽家などは、ものすごく「睡眠」にこだわるそうです。
この方たちは、「睡眠」を欠いてしまった時の自分の状態が著しく悪いことを知っているから。
なので、人によっては、1日必ず8時間睡眠するという方もいらっしゃるようです。

身体が資本の方が、睡眠を大切にするのは理解できると思いますが、実は頭が資本の方々も睡眠はとっても大切です。

敏腕の経営者でも、健康を害していたらその敏腕っぷりは発揮できません。
経営者以外でも、頭をフル回転させて皆さまお仕事をされているわけですから、本当に大切です。
適切な判断力、決断力などを欠いてしまっては、いいお仕事は出来ませんものね。
また、勉強をしなくてはならない学生さんたちにも睡眠は大切です。
睡眠をきっちり取らないと「脳」が記憶を整理してくれないからです。
だから、試験前に、特に頑張って勉強している時には、寝るのが大切。
完璧に覚えなくても大丈夫。7割がた覚えて寝ると、翌朝しっかりと全部記憶出来ているんです(何度も経験済み

せっかくのイケメンや美人さんでも寝不足でげっそりしていて覇気がなければ魅力半減
こりゃ、頭が資本とはちょっと違うけれど…。

睡眠時間が確保されているのが理想的ですが、それが難しい場合は、「質」を上げることを考えてみましょう。

その1つが、アロマテラピーですが、今日はちょっと違った角度から。

それは、朝10分でもいいからしっかりと朝日を浴びること。
通勤で、駅まで徒歩10分の方はちょうどいい感じですね。
そう朝日を浴びて、体内時計をきっちりと合わせるのが大切です。
朝日を浴びると、人間の身体は、「これから活動!!」というモードに自動的に入ります。
ここがきっちりスイッチが入ると、1日のリズムが整うので、日中快適に過ごすことが出来ますし、夜には「眠る」モードに入れます。

morning-w
こんな朝日を浴びながら歩けたら、とっても気持ちがいいでしょうけれど、「朝日」さえきっちりと浴びればOKなので、ぜひ意識して歩いてみてくださいね。特に寝不足だった朝は、目にまぶしすぎたりもしますが、そういう時こそ朝日を浴びて下さい。

会社まで地下道を歩く方、路上に出てみるのもいいですね
自転車で、最寄駅まで行く方は、サイコーですね。日向を選んで走ってみてください。

朝日を浴びることをこんなにおすすめするには、理由があります。
私はこの朝日を浴びるということで、困った経験をしたことがあるからなんです。
父が入院して手術を受けた後、10日間くらい夜中の付き添いをしていたことがありました。
その時に、運動不足になるし、気分転換に…とばかりに、朝8時頃に、病院から宿泊施設までの間の20分間を歩いていたんです。
そうしたら、1日目こそ寝られましたが、2日目以降、お風呂に入って寝ようとしても全然眠れない…。
これには、本当に困りました。理由も当時は全然わからなかったし。。。
今思えば、これは朝日をしっかりと浴びてしまったからだったんですね。

以前勤めていた会社では、夜勤をする方がいらしたのですが、彼らも昼間に家に帰っても全然寝られない…と言っていたのも思い出されます。
紫外線は防ぎたいけれど、朝日はしっかりと浴びて下さいね

関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です