Blog

プロヴァンスに想いを馳せて…

みなさま、こんにちは。
可能性を開花する!アロマ脳快眠の篠原です。

先日の日曜日、私の顧問FPでもあり、お友だちでもある、一橋香織さんが主宰されている「香織の庵」にお伺いました。

~フランスの家庭料理とワインを楽しむ会~  第4回 プロヴァンス

毎回、荻原シェフの美味しすぎるお料理と、ソムリエの綾部さんのワイン!
お料理とワインって合うとこんなに美味しいんだ~!!…と毎回舌鼓を打っている、美味しく楽しい会なのですが、
今回は、プロヴァンス!!
ここは、何が何でも欠席するわけにはいきません。
毎回大人気の会なので、6つの席はまさに争奪戦!
勝ち取らなくちゃいけないのです。
ここのところ、タイミング良くいつもパソコンにへばりついている時にFBのイベントがアップされるので、2回連続で伺うことが出来ました。

プロヴァンス。

私のアロマ熱をMAXにしてくれた、ところです。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
この風景に魅せられ、アロマテラピーをとことん探究すると決めたところ。

だから、思い入れも強いのです。
アロマテラピーの旅でしたが、お食事や風景もとっても素敵。
何もかもがいい思い出のプロヴァンス。(注:マダガスカルとは比較してませんよ!)
その時のことを思い出しながらの参加です。
kaori-140727
乾杯のお酒は、パスティス
フェンネルなどのハーブも入っていてとても美味しいけれど、とっても強いお酒。
この暑い中、ぐいぐい飲んじゃったわけですから、一気に酔いがまわります。

女性6人だと、美味しいお料理の合間のおしゃべりもはずみます。
IMG_2836
先付けのタップナード!
プロヴァンスに行った時に、初めて聞いて頂いた時の美味しさが蘇りました~。
オリーブ、アンチョビなどが入っているので、ちょっと大人の味ですが、病みつきになります。

そして、何と言ってもプロヴァンスと言えば、ブイヤベース
南仏に行った時には、6月で季節外だということで、ほとんどのお店でブイヤベースをやっていなかったのですが、それは観光客目当てのお店だったのかしら?
シェフに伺ったら通年であるそうです
しかも本格的には、スープと中身をわけて頂くんだとか。
kaori-140727b2kaori-140727B1
こんなお上品にブイヤベースを頂いたのは、生まれて初めてです
きゃーーー!という歓声まで上がります。

この日のデセールは、タルトピニョン
松の実のタルトです。
desert

私の用意したハーブティは、写真撮り忘れたけれど、プロヴァンスに行った時に咲き誇っていたリンデン(菩提樹)を思い出してブレンドしてみました。
リンデン
かわいいお花でしょう!
鎮静作用(リラックス作用)にとても優れているお花で、優しい香りがするんですよ。

本当に、プロヴァンスに行っているような感覚にして下さった、このお料理とワインを楽しむ会。
香織さん、荻原シェフ、綾部ソムリエ、そしてご一緒して下さった皆さま、本当に感謝です。ありがとうございました。

次は、秋にブルゴーニュですって。
また争奪戦勝ちぬかなくちゃ!

関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です