Blog

アロマテラピーって何?vol.6

みなさま、こんにちは。
可能性を開花する!アロマ脳快眠の篠原です。

昨日の吹雪すごかったですね。
打って変わって今日は晴天
たくさんのお家の前には、かわいらしい雪だるまが
思わず立ち止まって見てしまいます。
雪はやみましたが、まだまだ道路は歩きづらいのでお気をつけ下さいね。

さて、今回は
≪エッセンシャルオイルの消費期限ってどのくらい?≫

この質問、よく耳にします。
そうですよね~。とっても気になるところですよね。
私も、最初のうちは開封して1年くらいたったら使えないんじゃないか?
くさるんじゃないか?(腐るって表現が何とも言えませんが、そんな感じでした。)

エッセンシャルオイルは、ものによって消費期限が違います。
エッセンシャルオイルの場合、ただ単に容器や外箱に書いてある「消費期限」を気にするよりも、保管する環境を整えて、「酸化」を防ぐことが大切です。管理方法を間違えると、消費期間内でも酸化してしまうことがあるからです。

この酸化を防ぐために、基本的に守って頂きたいのは、
使ったらすぐにフタを閉める
冷暗所で保管する(冷蔵庫ではなくてもOK

これをきちんと守って頂ければ、一般的に「半年で使い切るように…」と書かれている
トップノートのものでも、全然大丈夫!

※トップノートの代表的なエッセンシャルオイル
柑橘系全般(オレンジ、グレープフルーツ、レモンなど)
他にも、もっとありますが、普通の方がお持ちのものはこのあたりかな?

逆に、何年もの歳月をかけて香りがまろやかになったり、豊潤になったりするものもあります。
代表的なものは、
◆サンダルウッド(白檀)
◆パチュリ
これらは、空気に触れることによって香りが変わっていきます。
5年とか10年経ったものと、買ったばかりのものでは、全然香りが違うんですよ。
年月をかけて熟成された感じでしょうか?
私は、年月が経ったもののほうが好きだな~。
sandalwood
※これは、サンダルウッドの木です。

面白いのは、ミルラ。
これは、旧約聖書などにも出てくる、本当に古くから使われているものです。
ミイラを作る時にも使われていたというほどですから、かれこれ人間との関わりは、5000年という驚異的な年数になります。
私もミルラを入手して、多分10年くらいになりますが、ガビガビになってフタさえ開かなくなった(汗)
この画像のような原型に戻りつつあるのでしょうかね。
なので、さすが今回買い足しました。
本当に独特の香りですが、海外の男性は結構好んで使うようです。
myrrh
ガビガビにはなりたくないけれど、熟成して香りが早く豊潤にならないかな~。
何年もかけて楽しみます。

…で、結論
保管状態を良好にしておけば、開封してから3年程度は持ちます。
※ものによっては、5~10年いけるものもあります。

開封直後の香りと変わっちゃったな~という場合は、キッチンで使ったり、靴箱の消臭として使えたりと、まだまだ用途はありますので、捨てないで最後まで使ってね。

関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です