Blog

ウッドセラピーと健康セミナーに行って来ました。

みなさま、こんにちは。
可能性を開花する!アロマ脳快眠の篠原です。

昨夜は、森の駅発主催の「ウッドセラピーと健康について」のセミナーに行って来ました。

セミナーをして下さるのは、谷田貝氏(香りの図書館館長 東京大学名誉教授 理学博士)
肩書を伺った時には、東京大学の名誉教授って、どれだけ堅い感じなんだろう…とドギマギしていましたが、先日打ち合わせの時に、お会いして以来すっかりファンに…
とっても気さくにお話をして下さる方です。
東京大学で、頭のいい人に向けて教えている方のお話なんて、おバカちゃんな私にわかるんだろうか?…と、心配していましたが、本当にわかりやすく、満面の笑顔で接して下さるので、すぐにその心配はどこかに飛んで行っちゃいました。

そのセミナーで、谷田貝先生が1時間程度お話をして、その後の質疑応答の時間の進行をするというお役目を頂いていたのですが、そんなお役目も忘れてセミナーに聞き入ってしまいました。
yatagai
住環境や学校などの教育環境に木材を取り入れることが、どのように健康にいいか?または学習効率を高めるか、そして香りを取り入れて健康を維持出来る方法などをお話下さいました。
いや~!!めっちゃ面白かったです。
アロマテラピーの普通のセミナーでは、なかなか伺えない貴重なお話でした。

アロマテラピーは、今から20年近く前に日本に入ってきた、いわば舶来物(表現が古い)ですが、日本にもいい香りのするエッセンシャルオイルが採れる木々、お花、かんきつ類がたくさんあります。
日本人には、馴染み深い、森林の香りなどが、本当は1番日本人向けのアロマテラピーなんだろうな…と漠然と思っていたことが、昨日で確信に変わったと言っても過言ではないくらいです。

私の「可能性を開花する!アロマ脳快眠」にも日本の木の香り、どんどん取り入れて行こうと思います。

関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です