Blog

快眠のお話vol.20 起きたら朝日を浴びる

みなさま、こんにちは。
可能性を開花する!アロマ脳快眠の篠原由香です。
寒波で毎日寒い朝ですね。
お布団から出るのに気合いがいります。

暖かくしてお過ごしくださいね。

さて、先日のNHKの快眠の極意でも一番最初に書いてあった、

「午前中に朝日を浴びる」

これは、みなさん出来ているかな?と思っていますが、如何でしょうか?
午前中だと少し範囲が長いので、出来れば起きてすぐ~1時間程度の間に朝日を浴びるのがベスト。

これは、朝日を浴びることによって、「セロトニン」という脳を覚醒させるホルモンを分泌させるからです。

人間の体内時計が24時間ではなくもう少し長いので、朝日を浴びて「朝が来た!」ことをカラダに認識させて、そのずれを修正するのに役立っています。朝日を浴びるとカラダがそう反応してくれるのです。
とてもありがたい機能ですね。

だから、通勤、通学など一定の時間に外出する方は、ほぼOK
お家から最寄り駅まで、歩いて7~8分くらいの方はすごくいいですね。
太陽の光をしっかりと浴びて脳とカラダを起こしていきましょう。

これについては、本当にそうだよな!という体験があります。

以前、まだ私がアロマをやっていないころ(アロマを始めていないので、快眠への意識はもっと低かった頃)父が入院して手術を受けた後、付き添いで1週間夜の間ずっと見ていました。

朝、叔母と交代して、8時頃に病院から仮眠する施設まで、気分転換にと思い、歩いて15分くらい思いっきり朝日を浴びながら歩いたんです。
春になりかけの空気がまだぴりっとしている季節だったので、とっても気持ち良かったのですが・・・・
1日目は、疲れすぎていて爆睡したものの、2日目からは全然寝られない・・・夜の看病があるので、体を休めようとベッドの中にいましたが、ほとんど寝つけなかったのを覚えています。
夜中は、緊張しながら付き添っていたので疲れているはずなのに変だよな~と思っていました。
当時は、「朝日を浴びることによって、脳が覚醒する」なんてことを知りませんでしたから、毎日帰りは歩いていたんですよね。

アロマや快眠の勉強をし始めてから、あっ!あの時の寝られなかった原因はこれだったのか?と思ったのでした。

人間のカラダってすごい!と思いました。
なので、この「朝日を浴びる」をしっかり毎日やってみると、本当にいい効果が出るかもしれません。
ぜひトライしてみてくださいね。

*******
可能性を開花する!アロマ脳快眠
あなたは、満足する睡眠を得られていますか?
睡眠でお困りのことがある方は、アロマテラピーを用いた快眠法を取り入れてみませんか?
睡眠は、「長さ」は変えられない環境でも、「質」を変えることは可能です。
睡眠の質を上げること=昼間の集中力、決断力、明晰性を上げる、うつの発症を防ぐなどがあげられます。もちろん健康維持にも重要なポイント!
夜寝ている時に、アロマを香らせておくだけのお手軽な方法で、 睡眠時間が短くても、深~く、ぐっすり眠れる質の高い睡眠をご提案します。

個人コンサルテーション 1時間 13,000円(税別)
10mlのブレンドオイル付

お問い合わせは、info@aroma-kaimin.com
*******

関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です