Blog

快眠のお話 vol.12

みなさま、おはようございます。
可能性を開花する!アロマ脳快眠の篠原です。
毎朝、目覚めるといいお天気ですね~。
今までは日の出よりも早く起きていたのに、最近はもう太陽が上がっています

起きて、カーテンをあけると太陽の光が入ってくる!
最高の季節ですね。

さて、今日の快眠のお話は、ラベンダーの香りの好みについて。

快眠関係の本を読んでいたり、色々な雑誌の快眠の特集を読んでいると、アロマテラピーも快眠として役立つという嬉しい文言を目にします。

その際に、よく紹介されるのが、ラベンダー。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今では、私は大好きな香りの1つですが、苦手な方もたくさんいらっしゃいます。
この「苦手」にはからくりがあります。
どの香りにも言えることなのですが、カラダの状況、ココロの状況によって、苦手なものがあります。

確かに、快眠にはラベンダーが最も効果的だと思いますが、苦手な香りで寝るのはかえって逆効果。

特に、こんな状態の方は、苦手と言う方が多いです。
血圧の低い方
自分に厳しすぎる方
絶対に負けられない!と思って神経を張り詰めている方

ラベンダーには、血圧を下げる作用がありますので、元々血圧が低い方は、これ以上下げてはいけないと本能が思うのでしょう。
自然に香りをブロックするようです。
カラダの状態については、本能という制御機能がついているのがすごいところですね。
人間の嗅覚ってすごい!といつも思います。

ココロの状態もしかり。
○○しなければ、ならない
出来ない自分を許せない
私はこうあるべき!
絶対に負けたくない!!
…という思いが強く、神経が張り詰めている方も、ラベンダーの鎮静作用を、これまた本能的にブロックします。
ご自分の神経を緩めることに、怖さがあるのではないかと思えます。

逆にとっても好きという方は、
昼間は、仕事で神経が張り詰めているので、夜はリラックスしたい
仕事が忙しく、寝る時間が平均4~5時間なんだけれど、本当はもっと寝て疲れを取りたいと思っている方
自分にとっても厳しく、完璧主義なんだけれど、心の奥では神経を緩めてその完璧主義から解放されたいと思っている方
精神的にギリギリの状態で、何かに助けを求めたいと思っている方

実は、私もアロマテラピーを始めた頃は、ラベンダーがすごーーーく苦手でした。
それは、「○○しなければならない。」とか、自分はこうあるべき!という思いがめちゃくちゃ強かったんです。
今思うと、精神的にもぎりぎりだったんだなぁ…。よく頑張ってたね!と、その頃の自分を慰めてあげたい。

私が行っているアロマ脳快眠の個人セッションでは、香りを試して頂きながら、クライアントさんの生活スタイル、お仕事の状況など、お話をよく伺います。
この方は、何が原因で眠りに対してお困りの状況があるのか?
原因を理解しないと、香りのセレクトが出来ないんです。

ラベンダーは、快眠にはとても効果的ですが、その方の状況によってブレンドする量を変えたり、他のエッセンシャルオイルでリラックス効果があるものに変えたりします。

いい香りに包まれて、ココロもカラダも喜び、気持ち良い目覚めを得たいですものね。
morning-m

ご興味のある方は、一度お越しください。

可能性を開花する!アロマ脳快眠 個人セッション
1時間 13,000円(税込) 10mlのブレンドアロマ付き
完全予約制です。

関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です